~地域とともに自立を支える~

沿革

沿革

 

概   要
昭和 30年 7月 社会福祉法人「北見老人ホーム」設立(社会福祉法人川東の里の前身)
 養老施設「北見老人ホーム」開設
35年 4月 ※精神薄弱者福祉法 施行
42年 8月 ・精神薄弱児施設「きたみ学園(定員30名)」開設
9月 法人名を社会福祉法人「めぐみ会」に名称変更
44年 9月 ・「きたみ学園」作業訓練棟完成
 1階~養豚作業 2階~石灰石加工作業
12月 ・精神薄弱児施設「きたみ学園」の定員を30名 → 80名に増員
52年 4月 ・精神薄弱者更生施設「川東学園(定員48名)」開設
・精神薄弱児施設「きたみ学園」の定員を80名 → 60名に減員
53年 5月 ・「川東学園」作業訓練用地取得
 端野町川向32番地 約12,000㎢
10月 ・自立寮「こまくさ寮」完成(園外職場実習する女子園生を対象)
11月 ・精神薄弱者更生施設「川東学園の定員を48名 → 60名に増員
54年 11月 ・「いちい寮」完成(男子園生対象の社会復帰直前棟施設)
57年 7月 ・川東学園「小動物公園」完成
58年 8月 ・川東学園川向農場内に「地域交流センター」完成
59年 6月 ・川東学園に「通所部(定員7名)」開設
・川東学園「動物ハウス」完成
7月 ・川東学園川向農場内に「ハム、ベーコン等の食肉加工施設」完成
平成 元年 4月 ・グループホーム「やまぶき寮(のちにさわやか荘)」開設(1ヶ所目)
 5月 ・父母会から川東学園自立訓練棟「しらかば」の寄贈
2年 4月 ・グループホーム「フレンズ寮」開設(2ヶ所目)
・共働作業所「フレンズ」開設
12月 ・川向農場に「パークゴルフ場」完成
3年 4月 ・きたみ学園に「地域サービス部」開設
5年 6月 ・川向農場に「養豚舎(1棟)」完成
10月 ・グループホーム「さかえ寮」開設(3ヶ所目)
7年 4月 ・川東学園に「地域援助センター」開設
8年 5月 ・敷地内に「福祉の店オーレ」開設(農場生産物、食肉製品等販売)
10年 9月 ※精神薄弱者福祉法 ⇒ 知的障害者福祉法に改正
10月 ・グループホーム「ワハハ荘」開設(4ヶ所目)
・グループホーム「チェリーハイツ」開設(5ヶ所目)
11年 10月 ・グループホーム「せせらぎ寮」開設(6ヶ所目)
・グループホーム「ひまわり寮」開設(7ヶ所目)
12年 10月 ・グループホーム「コスモス荘A・B」開設(8、9ヶ所目)
12月 ・きたみ学園・川東学園の移転改築実施設計
13年 9月 ・きたみ学園・川東学園の移転先の土地売買契約締結
10月 ・きたみ学園・川東学園の移転改築起工式
15年 1月 きたみ学園・川東学園の新施設(川東226番地2)完成、移転
2月 ・きたみ学園児・者転換により
 きたみ学園 定員30名
 きたみ学園成人部 定員30名
 川東学園 定員61名
 川東学園通所部 定員19名
3月 ・共働作業所「フレンズ」作業施設完成
4月 ※身体障害者福祉法等の改正により、行政が決定する「措置制度」⇒ 利用契約を結ぶ(自己決定)「支援費制度」へ
・通所施設「友楽里(定員30名)」開設(通所部を集約)
・ディサービスセンター「風楽里(定員15名)」開設
・ジョブコーチ支援事業開始
6月 ・「友楽里」で居宅介護等事業開始
10月 ・「きたみ学園」で児童居宅介護事業開始
16年 2月 ・グループホーム「しらかば荘」開設(10ヶ所目)
4月 ・「風楽里」定員15名 → 20名に増員
9月 ・川向農場センターハウス完成
17年 4月 ※発達障害者支援法 施行
・共働作業所「フレンズ」を知的障害者通所授産施設(のちに就労継続支援事業B型)に移行し、定員15名 → 20名に増員
・グループホーム「ナナカマド」開設(11ヶ所目)
・グループホーム「かしわ寮」開設(12ヶ所目)
・グループホーム「マーガレットハウス」開設(13ヶ所目)
5月 ・「風楽里」定員20名 → 30名に増員
9月 ・フレンズ分場として「豆ちゃん(定員10名)」開設(豆腐等の製造・販売)
18年 3月 ◎社会福祉法人「川東の里」設立
社会福祉法人「めぐみ会」から分離独立し、知的障がい児・者の福祉サービス事業を引き継ぐ。
4月 ※障害者自立支援法 施行 (利用者本位のサービス体系に再編、就労支援の抜本的強化等)
・グループホーム「えんれい荘」開設(14ヶ所目)
・グループホーム「青空荘」開設(15ヶ所目)
10月 ・「風楽里」を就労移行事業・就労継続支援事業B型(パン製造、配膳業務、清掃業務)に移行(定員30名)
・フレンズ分場「豆ちゃん」から就労継続支援事業B型「豆ちゃん(豆腐製造、直売所等)」へ移行 定員10名 → 20名に増員
・自立訓練事業・就労継続支援事業B型「緋牛内事業所(レストラン、給食宅配サービス、食品加工等)」開設(定員30名)
・高栄事業所開設
 地域活動支援センター「クローバー」
 日中一時支援事業
 居宅介護・移動支援事業
 共同生活援助・共同生活介護(グループホーム・ケアホーム一体型)やまぶき寮(15寮、定員61名)
 児童デイサービス「遊」(平成20年休止迄)
・高栄事業所内に「障がい者相談支援センターほっと」開設
19年 4月 ・グループホーム「ふくじゅ荘」開設(16ヶ所目)
20年 4月 ・きたみパラボ(まちきた大通ビル)内に「オホーツク障がい者就業・生活支援センターあおぞら」開設
・きたみパラボ(まちきた大通ビル)内に「障がい者相談支援センターほっと」移設
24年 4月 ・きたみ学園 定員30名を併設型に変更(特例措置により)
 障害児入所施設 定員  7名(10月から)
 障害者支援施設 定員 23名
・きたみ学園成人部 定員 30名  障害者支援施設へ移行
・川東学園 定員 60名 障害者支 援施設へ移行
・フレンズ 定員 20名 就労継続 支援B型へ移行
・友楽里 定員30名 生活介護へ移 行
・生活介護「むぎわら(養豚部門、農耕部門)」開設(定員20名)
5月 ・旧自動車学校土地建物買収(あさひ45事業所用)
25年 4月 ※障害者自立支援法 ⇒ 障害者総合支援法 に改正
・高栄事業所を地域生活支援センターあさひ45に移転
 友楽里(生活介護)分場
 日中一時支援事業
 放課後等デイサービス事業
 居宅介護・移動支援事業
 グループホームやまぶき寮(16寮、定員65名)
26年 4月 ・グループホーム「うららか荘」開設(17ヶ所目)
・グループホーム・ケアホーム一体型 → 共同生活援助(介護サービス包括)へ移行
 定員65名 → 69名
 寮数 17寮

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0157-24-3030

PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人 川東の里 All Rights Reserved.