~地域とともに自立を支える~

通所事業所案内

  • HOME »
  • 通所事業所案内

通所事業所案内

 

 
①友楽里 写真 - コピー 友楽里(ゆうらり)では、北見市内の『川東』と『朝日町』の2拠点3グループに分かれ各個人の障がい特性に合わせた散歩等の運動や創作活動、園芸や箱折り等の生産活動を行いながら、基本的な生活習慣が身につけられるよう支援を行っております。
 
 

 
②風楽里 写真 風楽里(ふうらり)では、就労継続支援B型と就労移行支援とに分かれ、支援を行っております。就労を目指す方に、生産活動や社会参加活動などの実践的な経験を積みながら『働く力・生活する力』が身につけられるよう支援を行っております。
 
 

 
friends-s フレンズは障がいのある方の就労と自立支援を目的に、1983年に小さな工場でハム作りを始めました。当初は入所施設の方を対象にしていたのですが、地域生活者のニーズが高まり、平成2年に地域共同作業所に移行し、平成17年に通所授産施設の認可指定を受けています。
 作業は食肉加工の他、霊園清掃、公園動物飼育作業を行っています。  
 
 
 

 
mame 平成17年9月、国道39号線沿いにおいしい豆腐作りを目指して「豆ちゃん豆腐店」をオープンいたしました。豆ちゃんでは、豆腐製造の他、コンニャク、油揚げ、シラタキ等の製造販売をしております。また、併設の売店では、 川東の里端野農場において採れた新鮮な野菜やしいたけ、こだわりの炭や木酢液、フレンズのハム・ウインナー、焼きたてのパン等々・・・川東の里の製品が勢揃い!ぜひお立ち寄りください。
 
 

 
hiushinai[1] ノーマライゼーションのもとに、社会自立のための支援を行うとともに、授産作業の理念を持ち、多くの方が地域で自立できるよう、生活の糧を生み出すことを目標とし利用者、職員一同努力します。
 また、生活介護においては、個人に合わせたニーズに合致した取り組みを行います。 
 
 
 
 

 
mugiwara_001[1]  むぎわらは平成24年春に新規開所しましたが、支援内容は川東学園が開設当初より取り組んできた農耕作業と養豚作業を主とし、生活介護として川東の里の第1次産業の大きな柱となっております。
 
 
 
 
 

 
asahi45 様々なプログラムに参加することで、仲間を作ったり、新しい体験を通して、社会経験する上の自信や体力をつけることを目指しています。年齢も性別も様々な人たちがたくさん集まり、ひとりひとりがそれぞれの目的を持って、仲間とともに活動をしながらつくりあげていきます。  
 
 
 
 
 

 
asahi45 障害児・障害者のご家族のお仕事や一時的な休息の時間を提供するため、日中において、お子さんをお預かりするサービスです。
 ご家庭でお悩みになっておられる方、障がい福祉サービスご利用についてなどどんなことでも相談承ります。
 
 
 

お気軽にお問い合わせください TEL 0157-24-3030

PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人 川東の里 All Rights Reserved.